How smile!を探して。


by mrmina

香水

はじめて香水を手に取ったのは、確か20代の前半だったと思う。
シャネルのNo.19だった。

コロンやオーデトワレではなく、初めからプワゾンを使うあたり、
そしていきなりシャネルから入るあたり、
我ながら「やるなぁ」と思ったりする。

つける量の加減が分からず、最初はむせたりして、
「やっぱり香水は私が使うものではないかも」なんて思っていた。

そんなある日。
交差点で信号待ちをしていたとき、そして青になったから歩き出したとき、
フワッと吹いた風に乗って、その香りが自分を包んだのである。
とってもフワッといい香りに包まれた瞬間だった。

その時から香水の持つ「癒し」にはまることになり、
自分が纏う香りを、自分が楽しむことを覚えたのである。

香水は、もちろん周囲の人にも影響を与えるときもあるが、
(しかも悪い場合もある・・・)
基本的には自分が楽しむものなんだなぁと思ったのである。

トップノート、セカンドノート、ラストノートと、
時間の経過とともに、微妙に香りが変わっていく。
天気によって同じ香水でも香り方が違う。
それを感じることができるのが、これまた楽しみでもある。

しかし、高い。

そして、空港の免税店に行く楽しみも発見したのである。
年に1度行くかどうかの海外旅行だけれど、
行ったときには自分のお土産として香水を選んでいる。

事前に調べて行くのではなく、その時、その場で「これがいい!」と
自分の感性?のみでお気に入りの1本を選ぶのも、
これまた旅の楽しみを深めてくれている。

時々「な~んでこんなの買っちゃったんだろう?」と
首をかしげる香りもあるけれど。
そうして今は、その香りを纏うたび、
旅のカケラを思い出す楽しみにも浸っている。

私にとって香水は、音楽と同じくらい、色んなものを結び付けてくれる
大切なエッセンスになっている。

f0036924_10453515.jpg


この写真は、バリ島にあるアジアン雑貨屋「Moti」の店内の様子。
アジアンな香り、届くといいなぁ。
[PR]
by mrmina | 2009-01-31 10:48 | 日々つれづれ