How smile!を探して。


by mrmina

誕生月

実は今月はお誕生月。
母曰く「ジメッと雨の振る梅雨の時に生まれた」わけで。

でも、私は6月生まれというのを、なんとなく気に入っている。
1年の真ん中で、祝日も1日もなく、
とりたてて国民的行事があるわけでもない。

梅雨、ジメジメ、うっとおしい、カビ、、、、

あまり歓迎されない月であり、地味な月ではあるけど、
夏前の恵みの時期でもある。

生まれた月が性格に影響するとしたら、
ちょっと考えてしまうけれど。

雨降って、地、固まる。

ということで、向こう1年もまた、地、固まると良いなと思いつつ、
ケーキに立てるろうそくを数えては、よくやってきた、と
ため息半分、自分の労をねぎらおうと思っている。

しかし、こう考えると、あっと言う間に
誕生月はやってくるものである。
[PR]
# by mrmina | 2007-06-08 21:22 | ちょこっとエッセンス

雨の日は映画

今日は雨。

そんな件名でメールを送った人から、
「雨の日はやっぱり映画でしょう」と返事がきて、
好きな映画の話になった。

その昔、私は映画に全くと言っていいほど興味がなかった。
スクリーンにも興味がなかったし、外国の俳優さんも知らなかったし、
あんな暗いところに2時間も座っているなんて退屈じゃないか、
と思っていた。

家族で映画に行ったのも
「東映マンガ祭り」とか「南極物語」とか「宇宙戦艦ヤマト」とか、
そんなものだったから、特にこれと言って映画で感動するということはなかった。
あ、東映マンガ祭りでやってた「人魚姫」には感動したけど。

ところが、新卒で入社した会社の仲間が、
そんな私の映画体験を何とか変えて、映画好きにしよう、
というゲームを始めたのである。

誰が私を映画好きに変えることができるか、
それぞれが「オススメの1本」をリストアップする。
私がそれらを見てどう思ったか、
どの映画をみて、これまでの感情が変わるか、賭けをしよう!
そんな話になったのである。

その時にリストアップされた映画は、20本近くだったと思う。
「げ、こんなに見るの?」「しかも、あなた達の賭けのために?」と
私は少々迷惑だったのだが、せっかくのことでもあるので、
週末を使ってビデオを見た記憶がある。

結局、どの1本、というのは挙げられなかったけど、
見ているうちに、映画の面白さをなんとなく分かったような気がして、
気がつくと「次のリストは?」と彼らに聞いていた。

雨の日は映画。
懐かしい記憶が戻ったメールだった。
[PR]
# by mrmina | 2007-05-31 21:52 | ちょこっとエッセンス

20年

友達として、師弟関係?として、気がつくと経っていた年数。
あっと言う間のような時間だけど、決して短いものではない。

その間、いろいろ、本当にいろんなことが起きる。
それでも、ずっと、つながって来られたということは
今の私の大きな財産だ。

時間を遡ることはできないから、なおさらそう思う。
長い時間を、ゆるりゆるりと共有してきた大切な人たち。
そんなに多くないけど、確実に今も続いていると思えることが
何よりも嬉しかったりする。

そう思うと、これから出会う誰かとも、決して多くなくていいから、
ずっと、ずっと、つながっていけたらいい。

自分から大切にしたいと思う縁に出会えるよう、
もちろん、相手からも大切に思われる縁に出会えるよう、
次の20年後はもっと宝物が増えているといい。

次の20年、、、。
実年齢ではあまり考えたくない時間でもある。。
[PR]
# by mrmina | 2007-05-21 21:23 | 日々つれづれ

懐かしいパフェ

今年のゴールデンウィークも、やっぱりあっと言う間。
特に何をするでもなく終わったのだが、
今をときめく?「東京タワー」へ行った。

何を血迷ったのか、階段で上を目指し、降りてきた。
タワーは333メートルあるそうだが、階段でいけるのはその途中の150メートルほど。
階段の段数で言うと600段くらいになる。

今度5歳になる甥っ子も一緒だったが、
とても彼の勢いにはついていけなかった。
それでも意外とラクチンに、そして元気だった。

私がまさに子供だった頃、連れて行ってもらった東京タワー。
その時も階段で上り下りした。
感慨に耽りながら、東京を見下ろすのもたまにはいい。

甥っ子へのご褒美と言うことで立ち寄った東京タワーのレストラン。
これまた懐かしいデザート?を食べた。
f0036924_17542923.jpg

缶詰のみかんとパイン、うさぎ耳のりんご、そしてバナナの「フルーツパフェ」。
野暮ったい甘さの生クリーム。

テーブルクロスの感じが、またいい。
昔もこんな感じだったなぁ、って言う、いわゆる「食堂」。
かっこよく言えば「レトロ」なんだろうけど。

そしてGW明け。
東京タワーの置き土産は、ふくらはぎにあった。

あぁ、たっくさんの月日が流れた事を、
ふくらはぎの張り(しかも日にちがたってから)で知るなんて。

運動しないと。。。
[PR]
# by mrmina | 2007-05-10 17:57 | 日々つれづれ
オプショナルツアーに参加して、夜遅くに帰ってきた私たちは、
もうレストランを探す元気もなかった。

ちょうど、ホテル「和み」のすぐ近くにあるビストロが遅くまでやっていたし、
ガーリックトーストがついてくるクーポンをもらっていたので、
そこで食事をとることにした。

f0036924_12165893.jpgこれが、そのクーポンでもらえるガーリックトーストだ。

これまた、予想以上にでかくて多い。2人分ということで、サービスしてくれたのかな?と思ったけど、2人でも充分に食べ応えがある。

私たちはお腹が空いていたこともあり、これに前菜とメインをそれぞれ頼んだ。前菜は、これまたボリューミーな「おかず」が1プレートにわんさか。ゆで卵のフライやら、ハムやら、なすのピクルスやら、なんだかとにかく「デリプレート」という感じで、見るだけでお腹いっぱいになるものだった。

f0036924_12194064.jpgそして、メインは子羊のカツレツ。オージービーフでも食べてみようかと思って頼んだのだった。ガーリックトーストと前菜が運ばれてきたときに、「あ、やばい」と思ったがもう遅い。

そう、こんな「わらじ」のようなカツレツが運ばれてきたのだった。そして、侮れないのが「付け合せ」。写真に収まりきれないほどの、量なのである。。

既にお腹がいっぱいになりかけていた私だったが、お肉はとても柔らかく、味付けも日本人にピッタリだった。

でも、もう食べられない。ここはテイクアウトすべく、お兄ちゃんにその旨を伝える。
このお兄ちゃん、私たちが日本人だと知ると、いきなり色んなことを話し始めた。
なんでもお兄ちゃんの実兄が、日本人女性と結婚して「IBARAKI」にいるらしい。
だから日本人は好きらしい。

ワインの酔いが回り始めたのと、お腹がいっぱいなのと、気持ちが良いのと、
ほとんどお兄ちゃんの英語は聞いてなかったけど、
とにかく、量といい、味と言い、サービスと言い、なかなかオススメのビストロである。

値段???忘れちゃったなぁ。

ちなみに、テイクアウトしたものは翌日のブランチメニューとなったのだった…。
[PR]
# by mrmina | 2007-05-02 12:25 | 旅のソラゴト~Melbourne~
いつになく、家にいる連休となった。
どこにも行く予定がないし、何かをする予定もない。

仕事をとりまく環境には嵐が吹いたりして、
今後どうすっかな~なんて考えることもあるけど、
のんびりムードのおかげで悲観的にならずにいる。

明日からの後半も晴天が続くらしい。

洗濯物がハタハタとする様子や
木々がサワサワと葉ずれの音を立てる様子、
パンパンとどこかの家でフトンを叩く音、
そんな日常を見聞きしながら
気がつくとあっと言う間に終わっちゃうのだろう。

そんなGWの中日。
[PR]
# by mrmina | 2007-05-02 11:33 | 日々つれづれ

Villeroy&Bochの…

f0036924_22593386.jpg
確か、これはメルボルンのトイレだったと思う。確か。。

私はテーブルウェア関連がメインのブランドだと思っていたので、
とてもビックリしたのだ。

肝心な全体を写さず、ここだけ、、というのがお粗末だけど。

まぁ、陶器ということでは間違いないのだが。

でも、もし、TOTOがテーブルウェアを作ったらどうだろう?
お皿の裏に「TOTO」と書かれていたら、きっと、ちょっと、ギョッとしそうだ。

ノリタケのトイレがあったら?

イメージってやっぱり大切なものである。
[PR]
# by mrmina | 2007-04-27 23:04 | 旅のソラゴト~Melbourne~

仕事のこと

ここ2回ほど、仕事で高齢者に取材をする機会があった。
これまでも、何回か同じ仕事でご高齢の方にインタビューなるものを敢行した。

やはり、これが、とても難しい。

まず言葉の捉え方が少しでも私と違っていると
全くといっていいほど、ほしい答えは返ってこない。

そして、どんどん、話は思い出へと続いていき、
現在へ戻ってくるのに軽く時間は過ぎていく。

途中で遮ることもできない。
敬う気持ちも忘れてはならない。

それでも聞かねばならないことを聞く。

一般的な取材でも、言葉の捉え違いによるもどかしさは多いのだが
(私の問題かも・・・)
聞き直しが利くことがほとんどである。

しかしご高齢者の方はそうはいかない。

時間の制約もある。
横文字も使えない。
そして、よくお話をする。

私は祖父母とほとんど縁がないので、
話し方のコツも知らない。

しかし。

人の生き様はまさに千差万別、十人十色で、
脱線した話の中には色んな物語があって
実はそっちの方が興味深かったりする。

それにしても、、なのである。
[PR]
# by mrmina | 2007-04-26 23:55 | 日々つれづれ

今年の旅行

そろそろ、考えをまとめて行動に移さないと、、
という時期にさしかかっている。

大抵、私の場合は6月に旅行に行くことが多い。
仕事も一段落していることが多いのと、やっぱり安いからだ。

さて。

今年はどこへ行こうか、大体の目処はついてきたけど、
まだ詳細が決まっていない。

バタバタが続いていてブログの更新もままならず。。
のんびり行くしかないのだけれど。

気がつくと、もう4月も後半じゃん!!!!

(>(ェ)<)
[PR]
# by mrmina | 2007-04-19 13:24 | 日々つれづれ

今年の緑

f0036924_22215895.jpg
幸福の木が私の家にやってきてから、もう何年経つだろう?
以前、ブログでも紹介したことのある、この幸福の木。

少しずつ、少しずつ大きくなっている幸福の木。
そんな過程を見ているだけでも、実は幸せを感じたりする。

先日、3度目の鉢替えをした。
今度は少し背丈のある鉢にした。

本当はもう少し「色気」をつけて、
例えば籐のカゴに入れてあげるとか、モダンな陶器の鉢にしてあげるとか、
あれこれ考えてみたものの、結局、フツーに落ち着いてしまった。

「植物に話しかけるといいらしい」

本で読んだ日から、危ないな~と思いつつ、「話しかけ」を続けている。
葉先が枯れると心配になり、霧吹きで水をかけるとツヤツヤとした葉脈となる。

ペットとは違うけど、でも、それでもこちらの気持ちを察したり、
世話をかければ応えてくれたりして、忙しない時間を少しでもゆったり過ごせる、
そんなきっかけを与えてくれる存在になっている。

引越しで1枚、葉が折れてしまったのが本当に残念だ。
[PR]
# by mrmina | 2007-04-13 22:29 | 日々つれづれ